モンクレールのフロントジッパーの修理が完了! まだまだ現役で着れる! [MONCLER, Fashion]

フロントジッパーの不調

MONCLER(モンクレール)のダウンのジッパーの調子が悪くなったのは、たしか2年前、2015年だったと思う。

最初はファスナーが裏地を「挟んで」しまうことが多くなってきて、その都度ゆっくりジッパーを下ろして、挟んでしまった裏地を外してました。

それが、あるタイミングで裏地を挟むのではなく、ジッパーのエレメント(務歯・ムシ)がひとつ飛ばして噛み合ってしまい、そのまま動かなくなってしまった!

参考:YKKファスナーの仕組みについて

ファスナーのしくみに関する写真や図による詳しい解説。YKKファスニングサポートが提供するファスナー関連商品情報。

 

動かなくなってしまったのが、ほぼ1番下のところだったので、かぶるようにすれば、着れなくもなかったわけです。

2015年はちょうど、職場へは車で通勤していたこともあり、だんだんと着る機会が少なくなっていったわけですね、当たり前ですが…

そして、去年はカナダグースを買ってしまったこともあって、全く着なくなってしまいました。

でも、ジッパー自体もパーツが破損しているわけでもなく、何とか直せないかと思い、今年ようやく重い腰を上げてお直し屋さんお願いし、今日お直しが完了したという次第です。

最悪、ジッパー自体を交換するしかないとも言われ、その場合は10,000円を超えるかもと言われましたが、エレメントのかみ合わせ自体を直すことができて、修理代金も2,000円(税抜)で済みました。

まだまだ現役

このモンクレールを買ったのは約15年くらい前で、まだGAPで働いていた時です。

▲まだ写真写りもいいでしょ?

たしか二子玉川の高島屋本館にあるセレクトショップ(SEVENTY セブンティ)で購入したと思います。

値段は7万円台だったと記憶しています。

当時は「高い!」と思いましたが、今のモンクレールの値段と比べると、信じられない値段です。

結構ヘビーローテーションで着用していますが、ダウン自体がヘタった感じもなく、生地もハリがありますし、まだまだ現役で着れます。

もともとはアウトドアのブランド(メーカー)という感じの雰囲気を残しているところも、気に入っていることろです。

▲この裏地のイラストは、今のモンクレールにもあるのかな? さすがに汚いですね…

▲フリースのグローブも、モンクレール! ビームス・ジャパンで購入。

このコーディネイトで、砧から二子玉川まで自転車通勤していました!

まとめ

お気に入りのものは、大事にしたいですね。

もし壊れてしまっても、今回のように修理しましょう〜!