「amazon go」2018年中にアメリカで6店舗をオープン予定!?

アメリカのアマゾンが2018年1月22日に、レジでの支払いを必要としないコンビニをシアトルにオープンしました。

その後、さらに2018年中に6店舗をオープン予定で、2店舗目はシアトルのダウンタウンに秋にオープンする見込みらしいです。

この「amazon go」ですが、来年以降、アメリカで全国展開していくのか、それとも、あくまで新しいテクノロジーを競合他社に見せつけるだけの、ショールーム的な運営だけにするのかは、まだ明らかにされていないようです。

個人的にはショールームだけに終わらせるのではなく、日本も含めて全世界的に展開していってほしいです。

これって、単なる運営の人件費削減だけでなく、根本的な「万引き防止」になる技術になるはずだと思いますが、いかがでしょうか?

▼アマゾンが「レジ係いない」コンビニをシアトルにオープン

レジでの支払いを必要とせず、スマートフォンで自動決済されるコンビニエンスストア「amazon go(アマゾン・ゴー)」の1号店が1月22日、アメリカのシアトルでオープンした。地元メディア「シアトルタイムズ」などが報じた。消費者にとっては低価格の実現というメリットがある一方、レジ係の仕事を奪いかねないとして労働者...

 
▼Amazon Goがサンフランシスコやシカゴにもオープン予定。全国展開への第一歩か

[Engadget US版より(原文へ)]もうシアトルに直行しなくても、Amazon Goストアで買い物ができるようになります。Amazonはシカゴとサンフランシスコで店長の募集を開始しました。つまり、それらの街に、あの無人会計ストアが登場するということです。

 
▼レジなし小売店「Amazon Go」、2店舗目もシアトルでオープン準備中

[Engadget US版より(原文へ)]アマゾンの実験的なレジなし小売店(コンビニ)が今年1月にシアトルで一般オープンし、アプリによる入店から雑貨をピックアップしてドアから出るだけで会計が完了するというコンセプトを実証してみせました。この店舗ではカメラ一式と顔認証技術を利用し、持ち出した商品に課金するシステム...