フォーナインズショップ 玉川高島屋SC店で、現在使用している眼鏡のメンテナンスしてもらいました!

フォーナインズ(999.9と書きます)は、20年近く前から愛用している日本製のメガネブランドです。

今までに合計3本を購入していますが、サングラスのセルフレームと、ブロウのメタルフレームの2本は現在も使用しています。

▼フォーナインズについての過去記事

999.9(フォーナインズ)Made in Japanの眼鏡フレームブランド 純金の品質表示に由来するブランド名は眼鏡は矯正器具であることへの自信と誇りの表れ!

2017.10.09

人によってはメガネって買ってそのまま使い続ける方が多いと思いますが、使っているうちに耳の後ろに「あたり」がでて、痛くなってきたりすることもあるのです。

そんなときは、眼鏡屋さんに持っていって調整してもらいたいところなんですが、眼鏡って買ったところでないと調整してくれないことがほとんどなんですね。

メガネフレームの調整は、セル(プラスチック)やメタルの部分を熱で温めて曲げていく作業なので、古くなった素材や、他ブランド、または他店舗で購入したものなどは、万が一のことがあった時に保証できないため、自ブランド、または自店舗で購入したものに限る、というわけです。

というわけで、最近はもっぱら玉川高島屋SCに入っている、専門店にメンテナンスしてもらっています。買ったのは川崎ラゾーナに入っているポーカーフェイスという眼鏡屋さんなんですが…

今回は、レンズを固定している糸(テグスのような感じ)が飛び出しているように見えたのと、右耳の後ろにメガネのつるの部分があたって痛かったので、調整もしてもらいました。

▼フレームと接している部分に「糸」が出ているように見えるの、わかりますか?

テグスのような糸に関しては、糸自体が悪いというわけではなく、レンズの縁の部分にある「溝」が欠けてしまっていて、糸が不安定にずれてしまっていたようです。

レンズ自体の交換はせずに、糸の貼り直しをしてもらいました。

それから右耳部分の調整もやってもらって、かけ心地はすっかり新品な感じにしてもらいました。

▼向かって右側のつるの部分の曲がり方を調整してもらいました

左右対称ではないほうがフィットするようです。

糸の張替えは2回めなんですが、前回同様に今回も料金はかかりませんでした。

やっぱり、良いものを専門店で買ったほうが、後々のメンテナンスも含めて「安心」ということを実感した次第。

フォーナインズ、おすすめです!