バーニーズ時代のドレスシューズのオールソールを、ユニオンワークスにお願いしました [Fashion, Dress Shoes]

洋服などを大事にメンテナンスして長く使おうシリーズの第2弾です。

モンクレールのフロントジッパー交換が完了! 結局前回の修理は応急手当で、ジッパー自体を交換することになってしまいました【Fashion、MONCLER、直し屋・尾山台】

2018.11.27

▲第1弾は20年近く前に購入したモンクレールのダウンのジッパー交換

今の会社に転職してから、まったくドレスシューズ(革靴)を履く機会がなくなりました。

ごくたまに(年に1回くらい?)冠婚葬祭で黒のキャップトゥ(ストレートチップ)を履きますが、その度に「あぁ、ちゃんと磨いてあげなきゃ〜。それからソールも貼り替えたいな〜。」と思っていたのです。

でも、いつものパターンでなかなか重い腰があがらず、そのまま放置していました。

というわけで今回やっと重い腰を上げて、オールソール(ソールの総貼替え)をお願いして来ました。

ここはやっぱりシューズリペアの第一人者でもある「ユニオンワークス」さんにお願いしました。

ユニオンワークス(UNION WORKS)の公式サイト

調べてみたら、溝の口にも「ベンチマーク」という店舗・工房があるので、車で行けるようです。

「ベンチマーク(BENCH MARK)」

▲実際の店舗外観

今回お願いしたのは、J.M.WESTONの茶スエードとCROCKETT & JONESの黒カーフ、ともにキャップトゥ(ストレートチップ)です。

▲J.M. WESTONのスエードのキャップトゥ(公式サイトより)

▲ CROCKETT & JONESの黒カーフ(正規取扱店トレーディングポストの公式サイトより)

もともとは、両方共レザーソールなんですが、今回は今後の使用方法も考えて(というより、楽したいので)ダイナイトソールにしてもらいました。

▲ダイナイトソール

値段は1足15,000円(税抜)です。

出来上がったレポートはまた後日。