メルセデスベンツEQAを試乗 初めてのBEVは未経験の近未来だった!

たまに観ているジャーナリストのYouTubeで絶賛していた。たまたま近所のディーラーに試乗車が来るというので、さっそく試乗してみました。

初めて乗ったBVE (Battery Electric Vehicle)の感想を共有します。

試乗してみて

少しアクセルを踏み込んだら、決して軽くない車体が異次元の加速をみせました! 最近のターボ車のレスポンスも良いけど、桁違いの反応。しかも車内が静かってのが近未来的です。

BEVは今までの車の概念を変えると感じました。ただ単に「エコだから」とか、「カーボン・ニュートラル(脱炭素)だから」とかではなく、純粋に運転していて気持ちがいいです。

「EQAマジすげー!」

他のBEVにも乗ってみたいし、いまこの段階で所有するのもありだと思います。

しつこいようですが、加速と静粛性はピカイチ。ただし、そのあとで自分のクルマであるBMW X5を運転してみると、インテリアの質感とか気になるところが出てきたのも事実。車格も違うし、全部を満たすクルマってのも難しいのはわかっているんですが、細かいところが気になりました。

エクステリア

サイズ(mm):4,465 × 1,835 × 1,625

車重(kg):1,990

サイズ的には、AクラスのSUVであるGLAとほぼ一緒です。

ただし、ライト回りのデザインを変えてあり、先に販売を開始しているEQCと似た印象ですね。

インテリア

助手席側のダッシュボードのデザインが、AクラスやGLAとの相違点ですけど、他は全く同じデザイン。まぁよく言えば最新のメルセデスで、洗練されています。

安全装備

試乗車には、ヘッドアップディスプレーが付いていて、これも初体験でしたが、制限速度のどの道路標識を読み取って表示させる機能があるみたいで、制限速度を1kmでも超えると点滅して知らせてくれます。個人的には、不要かもと感じました。

シートの調整は電動ですが、ステアリングのチルト&テレスコピックは手動です。家族と共有して運転するなら、これも電動メモリーが付いていた方が便利ですね。

360度カメラ、アダプティブ・クルーズコントロール、レーンチェンジ・アシストなど、一通りの安全装備が全てついているのは、さすがです。

最後に・・・

初めてのBEVということで、まだ他と比較できていないんですが、でもちょっと本気で欲しいです。

ただし、家に充電用の設備(ウォール・ユニット)を設置できれば、安心して買えるんですが、いまの賃貸では難しいかも。

とりあえず、今度はテスラを試乗してみましょうw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA