車検に出している間の代車として借りたBMW 2シリーズ 218d xDrive アクティブツアラー Luxury

こんにちは、ものマニア&ファッション好き、そして車オタクのぴろしです。

愛車X5が、新車購入から3年目の初の車検に出したので、代車を借りました。

BMW 2 シリーズ アクティブ ツアラー

車種は選べなかったのですが、さすがディーラーの代車なので、最新モデルです。

2シリーズ 218d xDrive アクティブツアラー Luxuryです。

2リットルのディーゼルエンジンをフロントに横置きしたFF(フロントエンジン・フロントドライブ)ベースの四輪駆動車ですね。

X5に搭載されているのが直列6気筒3リットルのディーゼルエンジンなのに対し、こちらは直列4気筒2リットルです。

運転してみて

最高出力もX5の258ps(馬力)に対して、アクティブツアラーは150psと控えめですが、車重は1,630kgとX5の2,210kgより約600kg近く軽いので、非力な感じはしません。

アイドリングストップから再起動するときの振動の感じは、1世代前のエンジンである愛車X5とあまり変わりませんでした。この辺は4気筒エンジンと6気筒エンジンの差かも知れませんが、残念ながら最新の6気筒エンジンを搭載している現行のX5に乗ったことがないので、あくまで推測です。

また、この日は外気温が32℃くらいまであった暑い日だったので、エアコンが常に大きな音を立てて動いていて、運転中の車内の静粛性はさほど感じませんでした。やっぱりエアコンにもグレードがあるんでしょう。X5だとここまで常にエアコンが回り続けることもないので。

それから、この日はもちろん日差しも強かったのですが、車内に入ってくる日差しが強く感じました。ちゃんと調べていないのですが、ウィンドウガラスの質も違ったりするのでしょうか。気のせいかも知れません。

さらにAピラーが二重になっていて、左右前方の死角が大きかったのは残念なところでした。左折すときに、大きく身体を動かさないと死角が不安です。

まとめ

ということで、来週の日曜までこのクルマをできるだけ乗って見たいと思います。もっと気づくことが出てくることを期待して。

色々細かいことを書きましたけど、基本的には運転しやすいクルマです。自分で買うことはないと思いますが。