プリンターを選ぶ基準は調べるほど難しい〜その2 新型の方がスペックが高いとは限らない?

プリンターのお話の続きです。

ちょっと深堀りをしてみようと思います。うちの会社で言うところのDive Deep。

昨日書いた記事で、プリンターを選ぶ上での項目を出してみましたが、おいらが購入する際に迷った、キャノンの2つのモデルを比較してみます。

 TS7530TS6330
インク5色(独立インクタンク)5色(独立インクタンク)
プリント方法インクカートリッジインクカートリッジ
最高解像度(dpi)4800(横)×1200(縦)4800(横)×1200(縦)
使用可能用紙サイズA4、はがき等A4、はがき等
自動両面印刷はがき非対応はがき非対応
印刷スピード(写真)約16秒約18秒
印刷スピード(A4カラー)約10.0ipm約10.0ipm
印刷コスト(写真)約31.8円約19.0円
印刷コスト(A4カラー)約18.8円約10.5円
スキャナー解像度(dpi)1200×24001200×2400

これを見るとほぼスペック上は同じように見えます。

コスト=1枚プリントするあたりにかかる金額の部分を見ると、TS6330の方が安いので、こちらのほうがよいかと思いました。

しかも、ノジマでの販売価格(2021年11月3日現在)では、TS6330が約17,000円、TS7530が約20,000円でした。

おそらくTS6330が2019年モデルに対し、TS7530が2021年モデルだからだと思います。

でも、最新モデルのほうが1枚プリントするのにかかるコストは高いんです。

さらに、2021年モデルのTS7530は在庫があり、2019年モデルのTS6330は在庫が切れていて再入荷は2ヶ月後くらいだとのこと。

ちなみにAmazonでも同様で、TS7530はAmazon販売での在庫があり、TS6330はAmazon販売の方は、たまに入荷もあるようですがほぼ在庫無しで、マーケットプレイスの販売がメインです。

なんかよくわからなくなりますね。

まぁ、年賀状を作る季節なので、在庫が少なくなっているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA