【No.13】松尾建設さんに往訪〜R+houseと松尾建設さんの標準仕様の説明を聞いてきました〜

こんにちは、ものマニア&ファッション好きのクルマ好き、そして人生初の家づくりを目指しているぴろしです。

今日は久し振りに松尾建設さんの本社にお伺いして、R+houseについての説明を受けてきました。

R+houseとは

R+houseとは、簡単に言うと、全国200以上の加盟店=工務店と120名以上の建築家さんをマッチングさせて、商品開発と品質管理、研修などを共有する会社とのことです。

そして松尾建設さんも、9年位前からこのR+houseの加盟店になっているようです。

メリットとしては、施主としては建築家さんに家の設計をしてもらうよりコストを下げれ、自分たちの要望にそった家を自由なデザインで作れること。また、工務店さんとしてもR+house全体での施工実績をもとにした研修会等があり、自社だけの施工で得られる情報より、より新しい情報をより多く得られ、経験値を高められることがメリットだそうです。

松尾建設さんの標準仕様

つぎに、松尾建設さんの標準仕様の説明です。

屋根や外壁、玄関や室内の扉、キッチンやバスルーム、トイレなどのメーカーなど、それぞれを具体的な質問をしてくれたりしながら説明してくださいました。

そして、その標準仕様をもとに、ある程度のオプションと言うか、追加で掛かりそうな金額を盛り込んだ見積書も作ってもらいました。

先日、実際に見学会でみた施工ではどのようになっていたかも交えて話してくださり、イメージしやすかったですね。最初に説明だけ受けるより、実際のものを見てからの方がオススメです。

次のステップ

宿題をもらいました。

実際に自分たちが建てたい家のイメージを明確にしていくために、「暮らしのカルテ」というヒアリングシートのようなものです。

これを埋めていくのですが、実際の過去の事例=記入例をいただいたので、それを見ながら作成していきます。

さらに、いまの賃貸の間取り図をコピーして、現在の家具の配置や動線、気に入っているところや困っているところなどを記入していくことで、具体的に「どういう家にしたいか?」ということを明確にしていけそうです。

これを2週間位で完成させたいですね。

この作業も楽しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA