【No.0】2020年47歳で大腸がんステージⅣと診断された

ようやく自分自身で文章にしようという気になってきた。

いや、立派な文章にしようとして書くことを躊躇していた。いつか書こうと思いつつ書けない=書かない日々。

みんなに共感してもらおうとか、感動してもらおうとか、すごいね、頑張ったねって言ってもらおうと思っていたわけではない。

いや。「本当にそう思っていなかったか?」と問われると、100%は否定できない。ブログで収益化できるようにしたいという野心もあるし、要は潜在意識でそう思っていたんだと思う。

そのような気持ちがまったくなくなったわけではないけど、これらは書き始めない理由、すなわち言い訳であって、このままではいつまで経っても書けないので、完璧でなくていいのでまずは始めてみよう。

ブログを収益化させたいと思いながらも、実際にブログに書かなければ、当然収益化できるわけがない。当たり前のこと。

でも、こうみえて、精神的にまいっていた時期もあったし、そんな状態ではなかったと自分を慰めてみる。あ、そもそもブログ自体を書く習慣ができていなかったかな。

前置きが長くなった。

ともかく…。

去年、大腸がんと診断された。S状結腸がん。しかもステージⅣ。

結果としては、今もこうして生きている。

一応、治療は終わって、今後は3ヶ月に1回の検査をしていくことになっているだけで、副作用や後遺症のようなものもほぼない。

あ、手足のしびれが残っているんだけども、少しずつ、おそらく少しずつよくなっている気がするし、普段の生活には慣れてしまっているから、ほぼ問題はない。

簡単に言ってしまうとそれだけなんだけど、去年からの顛末を書き残しておきたいと思う。

自分の人生に起こったことだし、文章にすることで自分の中の何かを整理できるのかも知れない。もちろん、誰かの役に立てれば、これにまさる喜びはない。

1年半前のことを記憶をもとに書いていくので、内容が飛び飛びになってしまうかも知れないし、支離滅裂になるかも知れないけど、それはご容赦いただけれと思う。

また、感想はもちろん、こんなことを知りたいとかのご要望をいただけると、とても嬉しいと思われる。多分。

今後、自分の身に何が起こっても、そのときはリアルタイムに文章にできるように。

まずはスタート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA