手持ちのシャツ=カジュアルシャツとパターンオーダーのドレスシャツのサイズを計測してみる

手持ちのシャツ=カジュアルシャツとパターンオーダーのドレスシャツのサイズを計測してみる

こんにちは、モノ好き=ファッション好きのぴろしです。

今回は手持ちのシャツ、カジュアルシャツ何枚かと、冠婚葬祭用にスーツを作ったときに、合わせてパターンオーダーしたドレスシャツを計測しました。

[table id=2 /]

メーカーやショップのオンラインサイト、アマゾンのページなどにもサイズスペックが載っていたりしますが、これを見ただけで大体のサイズ感がわかれば、安心してオンラインで服を購入できます。

基本的にシャツは首周り=ネックサイズと、身幅=チェストがわかれば、間違いありません。

もちろん裄丈=袖の長さも重要で、あまり袖が長いとジャケットやアウターを着て腕を曲げたときに、シャツの袖が出てしまってそのまま戻らず、だらしなく見えたりします。

ただ、袖の長さは、買ったあとでもお直しできますので、なんとでもなります。

CUSTUMEINとういのは、これも帰るレオンで売っているシャツです。

※欲しいんですよね…(苦笑)

azzurro e marroneをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む