耳珠(じじゅ)に粉瘤(ふんりゅう)ができてしまいケフラール内服薬とアクロマイシン軟膏を処方してもらいました

こんにちは、ものマニア&ファッション好き、そしていい歳でいろいろと体にガタがきているぴろしです。

数ヶ月前から、耳の内側の付け根のところに、コブのようなものができていて、大きさは1cmくらいのやや楕円。触ってもとくに痛くはないんですが、なにか皮膚の中に溜まっているような感じ。

調べてみたら、耳の付け根のところは耳珠(じじゅ)というですね。知らなかった。

その後も特に大きくなるわけではないし、しばらく放っておきました。

そうしたら、おとといくらいから急に大きくなり始め、昨日先っちょから膿が出てきたので、慌てて皮膚科に行ってきたというわけです。

先生に見てもらったところ、「粉瘤(粉瘤)って知ってる?」と。

皮膚には毛穴だけでなく小さな穴=凹みがたくさんあり、ここには老廃物や細かいゴミなどが溜まることがあるらしいのですが、通常は皮膚ごと剥がれて再生されます。

ちょっといい方は違ったかも知れませんが、溜まったままになることはないとこと。

それがまれに、皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来、皮膚から剥がれ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまって腫瘍になってしまうことがあるそうです。

これらを粉瘤といい、悪化してしまうと膿して真っ赤に腫れ上がったりすることがあるようです。

今日は抗生物質のケフラール内服薬と、アクロマイシンという軟膏を処方してもらいました。

ケフラールは毎食後の1日3回、5日後にも症状が改善していないようなら、外科に行って切除してもらいなさいとのこと。

よくなるといいんですが。やれやれ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です